医師の求人情報はどこで調べる

医師の求人情報はどこで調べるのかと言うと、最近ではインターネットを使う人が多くなってきています。一般的にも転職サイトなどは存在していますが、普通の職種とはちょっと違っていることから、この場合、医師などの医療関係者専門の求人サイトを活用することがポイントです。そうすれば、医療関係の現場ばかりを紹介してくれるので、手っ取り早く職を見つけることができます。

もしくは、既に医師として働いているのであれば、様々な医療機関を訪れる機会があるかもしれません。様々な人と交流を図ることもあるはずです。そこで、人脈を使った口コミでの求人情報収集というのも一つの手段と言えます。口コミの方がネット上には載っていないような細かな情報を知ることができやすいので便利です。

このようにして、医師が求人情報を収集する場合には多くのコネなどを活用するといいかもしれません。医療関係者からの情報はたしかなものがあってお得と言えます。

こちらで医師求人を探せます

医師が働く様々な施設

医師が働く施設としては、様々なものがあります。医師数の比率で見ると多くの医師は独立開業していませんので、多くは勤務している状態だということになります。いわゆる就労者というカテゴリーになります。

施設としては、規模別に区分すれば大学病院、大病院、中小病院、診療所・クリニックの分類になりますが、これはあくまでも患者を治療する目的で就労している場合の施設になります。

この他のものとして、各種公的又は指摘研究機関、企業におけるメディカルアドバイザーなども存在します。

また、施設の設置主別の区分で言えば、国の機関としては文部科学省は大学病院を、厚生労働省は各種国立病院・療養所を、変わったところでは各省庁自前の病院はその省庁管轄になります。

更に、民間施設や半官半民でも、色々な設置者が存在します。大きいところで言えば、済生会病院、日本赤十字病院など、都道府県立病院、市町村立病院、電力会社経営の病院、自衛隊病院、各種共済会経営の病院など様々です。