療養型施設というのは長期的な治療や休養が必要な患者が療養のために入所する施設です。通常の病院とは異なり、入院期間が比較的長くなるのが特徴になります。

現在の日本は超高齢化社会をむかえており、高齢者の中には病気の完治が難しく在宅復帰や施設への移動が難しいケースが多く見られます。その様な人が多く入所しているのが療養型施設になります。療養型施設では、医療行為が行われる為、医師の求人が当然あります。療養型施設に入所している利用者の多くは全身状態が安定している状態です。そのため、急性期病院のような急変などは少ないため、過度に緊張することなく仕事を行うことができます。

療養型施設においては医師が全国的に不足している状態であり、各施設は医師の確保のために高待遇での求人を出しているところが多いです。そのため、転職によって待遇アップを行なうことも可能です。また、緊急性の少ない職場であることから定年後の医師でも応募可能な求人や、非常勤での勤務が可能な求人なども多く見られます。そのため、自分の希望に応じて働くことができるというメリットがあります。今後は団塊の世代が高齢化していくことで療養が必要な人が増えていきます。療養型施設での勤務は良い経験になるでしょう。